ラグビーのルール~試合時間と得点方法、ポジション編~

rugby 新着記事

ユウダイです✨(@Onetimeonlylife)

2019年ラグビーワールドカップ日本代表は惜しくもベスト8という結果に終わりましたが、ワールドカップ初のベスト8に輝きましたね。

今回の記事ではラグビーの知っておくと数倍楽しくなるルールという題目でルールを解説していきます。

この記事の内容

  • ルールと得点の方法
  • ポジションの解説

ルールと主な得点方法について

ルールを知っておくとラグビーに限らず、スポーツは更に楽しく見れますよね。

今回の記事では、ラグビーのルールを初心者の方でもわかりやすいように説明していきます。

ぜひ、この機会にしっかりルールを知って数倍楽しくこれからもラグビーを観よう。

また、今回のラグビー観戦を見逃してしまった。

そんな方にはこちらがおすすめです☟

U-NEXTのNHKオンデマンドで見逃し配信しています。

歴史的瞬間をもう一度観よう!


「U-NEXT」の「NHKオンデマンド」では生中継は配信されませんが、試合翌日以降から見逃し配信に対応(※全48試合の見逃し配信ではないので、NHKオンデマンド公式HPの配信スケジュールを確認してください)。日本戦や強豪国同士の熱い試合をまるごと見返せます。

見逃し配信は期間限定なので、いつまでも視聴できる訳ではないのでご注意くださいませ。配信期限はそれぞれの見逃し配信後に確認できます。

では、解説に移ります。

ラグビーのプレー人数

ピッチに立ってプレーする選手の数は1チーム15名です(計30名)

鍛え抜かれた選手たち30名がピッチに立ってプレーをします!

そのほか、リサーブと呼ばれる控え選手は8名!

ですので、試合に登録されるメンバーは総勢23名(先発15名、リサーブ8名)となります。

プレーの人数

  • 1チーム15名
  • リサーブ(控え選手8名)
  • 総勢23名(先発15名、リサーブ8名)

ラグビーの試合時間

  • 前半40分
  • 後半40分
  • ハーフタイム15分以下

ラグビーの試合時間は、前後半共に40分で、ハーフタイムは15分以下となります。

また、試合終了のことをノーサイドといいます。

試合が終わると敵味方関係なく健闘を称えます。

ラグビーの主な得点の方法

得点の方法は5つに分かれていて、それぞれで獲得できる得点が変わります。

以下に、わかりやすく解説しますね。

ラグビーの得点の方法について

  • トライ(5点)
  • コンバージョンゴール(2点)
  • ペナルティゴール(3点)
  • 認定(ペナルティ)トライ
  • ドロップゴール(3点)

トライ


相手のゴールラインを越えてボールを押さえること。

この時点で自分の得点として5点獲得できます。

コンバージョンゴール


トライ後にトライ地点の延長線上でゴールキックを行うのがコンバージョンゴールといい、この時点で2点獲得できます。
つまり、トライとその後のコンバージョンゴールを決めれば7点獲得できます。

ペナルティゴール

相手チームの重い反則・悪質なプレーによってペナルティキックの権利が与えられる。
コンバージョンキックと同様にゴールポストの間を通れば得点。
こちらも五郎丸選手が得意なキック。

認定トライ

認定トライとは、相手のディフェンスの反則がなければ、確実にトライできた場合に適用さ、この場合コンバージョンなしで、7点を獲得できます。

ペナルティを得たチームは、その地点からキックを行い決まると、3点獲得できる。

ドロップゴール

ドロップゴールとは、地面にボールをバウンドさせ、弾んだボールをキックしてゴールポストに入れるもの。

決まれば3点を獲得できる。

ポジション

こちらでは、ラグビーのポジションを解説していきます。

超簡単にわかりやすく説明されている動画は、こちらのYouTubeから!

↓動画解説↓

いかがでしたでしょうか?

あとオススメのラグビーのルールやポジションの覚え方は、実際にプレーするかゲームで覚えるが一番オススメです。

お試しください。

では下記に改めて解説していきます↓


FW(縁の下の力持ち。強靭な肉体でボールを奪取)

    【FW】

  • PR(プロップ)
  • HO(フッカー)
  • LO(ロック)
  • FL(フランカー)
  • No.8

PR1(プロップ)

スクラム最前列の真ん中で相手のPRと組みます。

PRの選手は鋼の肉体の持ち主で相手に負けない身体づくりをしている。

HO(フッカー)

スクラム最前列の真ん中でスクラムをコントロールする。

ラインアウトではボールを投入(スローワー)する役割を果たすなど、セットプレー(スクラム・ラインアウト)の要となる。

PR3(プロップ)

スクラムでPR3は相手のPR1とHOの間に首を入れて組む。

チーム内で一番スクラムが強い選手がこのポジションを担います。

(4):LO(ロック

スクラムではPR1を後ろから押し込み、ラインアウトではボールをキャッチするジャンパーを務めることが多い。

背が高く体の大きな選手が務め、モール(別途解説)などのパワープレーでも中心になってプレーする。

(5):LO(ロック)

役割はLO4と同様。

LO5はスクラムで重要なPR3を後ろから押し込むので、LO4の選手よりも重くて強い選手が担う。

(6):FL(フランカー)

スクラム第二列の一番左のポジション。

スクラムから最も早く飛び出してディフェンスし、相手のボール奪取を狙うポジションで、機動力とタックルの強さが求められる。

(7):FL(フランカー)

役割はFL6と同じ。

チームによってはスクラムの左=FL6、右=FL7ではなく、スクラムの地点によってスペースの広い「オープンサイドFL」と、狭い「ブラインドサイドFL」に分ける。

より足が速く機動力のある選手がオープンサイドFLとしてプレーする。

(8):No.8(ナンバーエイト)

スクラム最後尾のポジションで、スクラムからボールを持ち出してアタックする強さと速さが求められる。

ディフェンスでもFL同様に速く飛び出して相手のアタックを食い止めるなど、攻守の要となるポジション。

 
 

BK(バックス)

(9):SH(スクラムハーフ)

スクラムやラインアウト、ラックから球出しを行う。

パスのスキル、俊敏性、的確なキック力が求められる。チームで最も小柄な選手であることが多い。

(10):SO(スタンドオフ)

アタック時の司令塔となるポジション。

ラン、キック、パスの高いスキルだけでなく、判断力やゲームをコントロールする力が必要。

(12):CTB(センター)

BKでは最も体を張ることが多いポジション。

アタックでは突破を狙い、ディフェンスではタックルで相手を止める強さと速さが求められる。

 

(13):CTB(センター)

役割はCTB12と同様。

パスやキックが上手い選手が「12」、速さや突破力で勝る選手が「13」を務めることが多い。

 

(11)(14): WTB(ウイング)

トライを取ることが求められるポジション。

1対1で相手をかわすステップや、スピードで抜き去る速さが必要、最も足の速い選手が担うことが多い。

 

(15):FB(フルバック)

最後尾から味方に指示を出し、ディフェンス時には最後の砦となってトライを防ぎ、アタック時にも攻撃参加して突破役を担う。

ボールを遠くへ蹴るキック力や、ハイパント(高く舞い上がるキック)を獲得する空中戦に強いことも必須。

実際にW杯に出場する日本代表選手の名前とポジション、体格(身長体重)を確認してみましょう!

ラグビーをテレビで観戦する(ラグビー番組表)際にはポジション(背番号)にも注目すると理解も深まりますね。

 

U-NEXTのNHKオンデマンドで見逃し配信しています。

歴史的瞬間をもう一度観よう!


「U-NEXT」の「NHKオンデマンド」では生中継は配信されませんが、試合翌日以降から見逃し配信に対応(※全48試合の見逃し配信ではないので、NHKオンデマンド公式HPの配信スケジュールを確認してください)。日本戦や強豪国同士の熱い試合をまるごと見返せます。

見逃し配信は期間限定なので、いつまでも視聴できる訳ではないのでご注意くださいませ。配信期限はそれぞれの見逃し配信後に確認できます。

 

今回はこの辺で!

次回は詳しいルールについて解説していきます!

 

人気記事肩こり解消法【改善率激高な方法】※必見※