デスクワークが引き起こす悪い姿勢【伴う痛みと身体の不調】

bodycare posture

こんにちは、ハセ悟空です。

今回は【デスクワークが引き起こす身体の歪み】というテーマでお話をしていきます。

身体の歪みはいろんな影響を受けて時間をかけて歪んでいきます。

そして、その歪みは普段多くしている動作に基づいて起こることが多いです。

これを読んでおられるあなたは、まず読み進めるのを止めて自分が普段どういう動作が多いか考えてみましょう。

その中でも、今回はデスクワークが多い方の身体の歪みについて解説していきます。

目次

デスクワークによる姿勢の変化


デスクワークしている人が全員、悪い姿勢へと変化しているわけではありませんが、何も考えず無意識にデスクワークをしていると自然と姿勢が悪くなる方が多くおられます。

実際に、患者さんで痛みを抱えてこられる方の姿勢をチェックすると歪みがかなり見受けられます。
痛みが出てしまったところは物理療法(電気治療など)を行い、なぜ痛みが出てしまったのかというところで、歪み調整などを入れていきます。

そうすると、痛みが改善し痛みの予防にも繋がります。

では実際にデスクワークでどのような姿勢が歪みを生じさせるのかを解説していきます。

デスクワークにより姿勢が歪んでしまう要因

  • パソコン操作を身体から遠い場所で操作してしまう
  • 画面が明るすぎて目が疲れる
  • イスやデスクの問題
  • パソコンが置かれている位置
  • パソコンの見方
  • 座り方

このあたりに姿勢は左右されるかなと思います。

やはり、それだけデスクワークの仕方を変えていかなければ、様々な身体の不調に繋がります。

たかがデスクワークですが、長時間負荷のかかるやり方でやり続けると良くないですので気を付けましょう。

細かく見て行くと改善点は多いかもしれませんが、身体の不調は生産性を下げるので、しっかりと元気な状態でお仕事に取り組めるように心掛けましょう。

デスクワークによる身体の不調や痛み


身体が歪むと、または姿勢が悪くなってくると起こる不調は様々です。

人それぞれで違いますが、今まで多くの患者様を診させていただいた経験から解説していきます。

まず、大概の人が痛みがなくても何かしらの不調を抱えているのが当たり前になってしまっています。

ちょっとしんどいくらいが当たり前になっていませんか?

その、微妙な疲労や不調が蓄積すると、痛みが出てきたり不調が更に不調へと向かっていったりといいことはありませんので、しっかりと事前にケアをしていきましょう。

では、デスクワークから起こる身体の不調や痛みについてどんなものがあるかを解説していきます。

ただし、長時間その悪い姿勢が続くとという前提でお話していきますので、決してデスクワーク=痛みや不調としないでください。

デスクワークが引き起こす身体の不調や痛み

  • 背中のダルさ重さ
  • 頭重感【頭が重たい感じ】
  • 腰痛、腰の痛みや重ダルさ
  • 肩こり、肩の重ダルさ
  • 身体の全体の疲労感
  • 目の疲れ
  • 気が重たい
  • ストレスが抜けにくい

などなど、このほかにも様々です。

だいたいこの辺りの不調を感じておられる方が多くおられます。

背中のダルさや重さに関しては、結構多いように思います。

というのも、デスクワークをしているときの姿勢が、丸くなりすぎていると背中が伸ばされた状態で耐えることになるので、筋線維にはかなりの負担となります。

また、後日動画でも解説しようかなと思いますが。

そうなってくると、背中にはかなりの負担がかかるので、長時間悪い姿勢でパソコン作業をしているとあまりよくはありませんので、気を付けましょう!

デスクワークによる姿勢の悪化をクッション1つで改善


こちらでは、普段会社でも家でもデスクワーク、もしくは座って作業することが多い方にオススメなクッションをご紹介します。

クッションも決してなんでもいいからとりあえず引いておけばいいだろう…

そういうわけではありません。

しっかりといいものを選んで使うと、身体の不調は軽減できます。

家で簡単に姿勢を座り方を覚えられる座椅子はこちら。
>>姿勢がよくなる座り方が身に付く座椅子

腰が辛い、背中が張る、猫背で困っている方にオススメです!

僕自身こういうので治すのはどうかと思いましたが、これに関しては日常的に簡単に意識できるので、オススメですね!

ぜひ気になる方はご覧ください。

日常的なストレスによる姿勢の変化や、身体の不調はかなり多いので日常から気をつけることは、とても大切ですよ。

気を付けてみてください。

デスクワークによる不良姿勢が首になぜ影響するのか


デスクワークを長時間していると、段々首や肩が疲れてくる…
なんてこと経験ありませんか?

その首肩こりはなぜ起こってしまうのか。
または、どうやって改善していくのかを解説していきます。

なぜデスクワークで首肩は凝るの?
それはデスクワークをしているときの姿勢に問題があります。

さきほどもチラッと前述しましたが、デスクワークをしているときの姿勢はついついこのような姿勢になりがちです☟

このような姿勢で、デスクワークを続けていると以下に載せている部位が相当なストレスを受けます。

デスクワークによる悪い姿勢が影響を及ぼす部位

  • 後頭部の筋肉
  • 背中全体
  • お尻

この辺りの負荷はかなり増えます。

なるべく正しい姿勢でデスクワークを行えれば問題はありませんが、悪い姿勢で長時間続けると上記に紹介した部位にストレスがかかり続けて、辛い肩こりや背中のだるさ、腰痛が出現してきます。

しっかりと、正しい位置で座り正しい姿勢でデスクワークが出来るように日常から心がけていきましょう。

日常から整えるためには先ほどもご紹介しましたが、こちらがオススメです。
>>姿勢がよくなる座り方が身に付く座椅子

ぜひお試しを。

また、正しい姿勢とはどんな姿勢かを解説していきます。

正しい姿勢ってどんな姿勢?


正しい姿勢はスポーツ選手と一般の方とはまた違いますが、今回は一般の方がなるべく症状が出にくいような理想の姿勢を紹介していきます。

まずは、こちらの画像から解説していきます。

これは理想の骨の位置を表していますが、下記にその理想の位置をまとめておきます。

理想の骨の位置

  • 両耳の高さ
  • 両肩の高さ
  • 両肩甲骨の高さ

肩甲骨から上の正しい位置は、上記のポイントで見て行きます。

ここが左右で高さが違っていたりすると、それ相応に身体は歪み、硬くなってコリなどの症状が出てきます。

ですので、これを評価して、そこからケアをしていければ固まっている場所もほぐせますし、姿勢改善も促せます。

ここで、勘違いしてはいけないのが、ただほぐしておけば大丈夫ということではないということ。

やはり、その悪い姿勢になったのも自分の過ごし方に問題があったから。

ということは、やはり自分の努力も必要で、やらなければいけないことがあります。

肩こりの改善方法として、やるべきストレッチやケアはこちらの記事でご紹介しています↓

肩こりの解消方法【改善率激高な方法!】※必見

こちらでは肩こりをかなり高い確率で解消する方法を解説しています。 ストレッチの方法や気を付けておきたいことを解説しています。 普段から肩こりでお悩みの方はぜひ最後までご覧ください。

» 詳細を読む

こちらの記事を読んで、実践していただければかなりの確率で肩こりを改善できますのでぜひやってみてください。

次に腰から下の理想の位置を解説していきます。


こちらでは、骨盤の高さや股関節の位置、膝の位置を見ていきます。

理想の骨の位置

  • 両方の骨盤の高さ
  • 両股関節の高さ
  • 両膝の高さ

以上、3点を見て行きます。

全て黒線を見てもらえたらわかりやすいですが、それぞれ一直線であることが望ましいです。

これらが歪むとそりに付随して、腰椎が歪んだり首の位置も歪んだりと連動して、全体が歪んでいきます。

その歪んだ状態が長く続くと、身体の不調が出てきたり痛みも出てきたりします。

普段の生活を見直して、歪む要素がないか気を付けていきましょう。

デスクワークによる首へのストレスが増える一番の要因は、猫背で首が前に出てしまうこと。

頭は体重の10%の重みがあると言われているので、65Kgの人であれば6.5Kgもの頭を支えていることになります。
猫背でうまくその重みを干渉できないと、かなりのストレスが首にかかります。

日頃から姿勢を意識できるように気を付けていきましょう。

デスクワークによる姿勢不良を改善するグッズ


これまで、なぜデスクワークによって姿勢が悪くなるのか、または身体の不調が歪みによって出てくるのかを解説してきました。
そんな悩みを抱えておられる方は、日常生活から過ごし方を変えていかなくてはなりません。

普段座っているイスを変えたり、デスクの位置を変えたり、パソコンの位置を変えたり…

そこまで気を配れて初めて生産性の高い仕事ができると思っています。

ですので、こちらにはオススメの日常生活から姿勢を改善できるグッズを紹介していきます。

順番に紹介していきますが、どのような紹介の仕方か把握してもらっていると、自分にはどういうものが合うかわかると思いますので、説明と共にご覧ください↓

医師が考案した低反発円座クッション

人それぞれ利き手、利き足が存在するように日々の身体の動作にも片寄ってしまうことが多くあります。

不自然な姿勢や座り方を修正しようとして、結果的にバランスを保とうとして身体は歪んでいきます。
その結果、ストレスが多くなってしまった部位は痛みが出たり、しびれが出てきたり、腰痛が出たりしてきます。

こちらのクッションは低反発素材による身体の圧を分散してくれたり、中央の穴の形状により座り心地を安定させます。

詳細は下記をクリック↓
>>医師が考案した低反発円座クッション「お医者さんの円座クッション」

姿勢が良くなる座り方が身につく座椅子

正しい姿勢が自然と身につく身体の歪みのプロ監修の座椅子です。

前述もしてきましたが、歪みがある状態で長時間座っていたりすると、腰が辛くなってきたり、背中が張ってきてしんどいなということはありませんか?

だから、ずっと座って仕事ができない。
けどそれでも仕事はしないといけない…そんな方にオススメです!

この座椅子の特徴はぜひ下記ページにて見て行ってください!
>>姿勢がよくなる座り方が身に付く座椅子

長時間の着座に最適『匠の腰楽座椅子』

こちらは、無理なく正しい姿勢が保てる座椅子で、身体を包み込むような設計で負担を軽減できます。

下記リンク先のページでは、通常の座椅子との比較ものっているので要チェックです!

腰痛の方、身体の歪みが気になる方にオススメです!

ぜひお試しください。
>>長時間の着座に最適「匠の腰楽座椅子」

身体の歪みは様々な要因によって起こりますが、今回はデスクワークに着目して解説してきました。

また、その身体が歪む原因だったりを幅広く皆さんに伝えして改善策もお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

身体は自分で心掛けて治していきましょう!

元気な状態を当たり前に!

本日はこの辺で。

人気記事肩こり解消法【改善率激高な方法】※必見※