非特異的腰痛(原因不明な腰痛)を確実に治す方法

bodycare 腰痛

こんにちは、ハセ悟空です。

今回は【非特異的腰痛(原因不明な腰痛)に筋膜リリースは効果的なのか】ということをテーマに解説していきます。

結論から言うと、腰痛の8割(原因不明の腰痛)は筋膜や筋肉へのアプローチでほとんどが改善します。

あともう一つ補足するとしたら、原因がはっきりしているもの(腰椎椎間板ヘルニア)でも改善できます。

腰痛には特異的腰痛(原因がはっきりしている腰痛)と非特異的腰痛(原因不明な腰痛)とが存在しています。

その中で非特異的腰痛、つまり原因不明とされている腰痛はなんと80%を超えています。

病院に行ってレントゲンやMRIで見ても何も問題がない⇒患者さんは痛みや症状を訴えている場合。

これが8割以上、存在しています。

では、なぜそんなにも多く原因不明とされる腰痛が多いのか。

それは腰痛の原因が様々だということと、一概に画像診断(レントゲンやMRI)で問題がなかったとしても、他の要因で痛みが出ている可能性が大きいからです。

今回は、その他の要因の中でも【筋膜】に触れながら腰痛を解説していきます。

こんな方にオススメ↓

  • 腰痛でお悩みの方
  • 腰痛があるが病院で原因不明と言われた
  • 痛み止めと湿布では治らない
  • なぜ腰痛になったかがわからない
  • 気が付いたら腰痛になっていた

上記に当てはまる方は、今回の内容を知ってもらうと腰痛が改善していく可能性が高くなります。

痛み止めや湿布では治らない腰痛の真実がここにあります。

目次

腰痛の分類


腰痛の分類は、【特異的腰痛】と【非特異的腰痛】の2種類に分かれます。

✅特異的腰痛⇒原因がはっきりとしているもの。画像診断において何かしらの異常が見つかる。

✅非特異的腰痛⇒原因不明とされているもの。画像診断でも何もわからない。

特異的腰痛

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰椎分離症
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎圧迫骨折
  • 後縦靭帯骨化症

非特異的腰痛

  • 筋肉の問題
  • 筋膜の問題
  • 神経の問題
  • 内臓の問題
  • 骨の歪みの問題
  • 姿勢の歪みの問題

などなど、特異的腰痛は画像診断で原因がはっきりしますが、反対に非特異的腰痛は画像診断では何も問題が見つからず、症状が出ているものになります。

そうなった場合、原因不明とされている非特異的腰痛は上記の問題に左右されます。

つまり、原因不明とはいえ改善策はかなりあるといった感じですね。

後ここに捕捉するとしたら、原因がはっきりしているものでも改善していけますということですね。

原因不明とされているものの方がヒドイもののように聞こえますが、実は原因不明の方が改善率は高いです。
※個人的見解

ですので、原因不明でとりあえず湿布と痛み止めで様子を見ましょうと言われている方も諦めずご相談ください。

次は腰痛改善率8割越えの真実について解説していきます、

腰痛改善率8割越えの真実


腰痛には【特異的腰痛】と【非特異的腰痛】の2種類に分類されますが、どちらを併せても改善率は8割を超えます。

その真実の裏側をこれから解説していきます。

腰痛改善率が8割を超えられる理由のヒント

  • 問診に秘密が隠されている
  • 日常に潜む腰痛の原因を洗い出す
  • 治療の優先順位を決める
  • やってはいけないことと良いことを判断する

この4つが最低でも超重要となります。

腰痛の方を診る際、問診は超重要


なかでも問診時に聞くべきことというのは非常に大切で、僕自身もここにはかなりの時間を使います。

これでもかというくらい事細かく患者さんの日常を聞き出すようにしています。

それぐらい問診は大切です。

【問診時に絶対に押さえておきたい7つの問診内容】
問診時に患者様に聞くべきことの全容はnoteに約7,000文字でまとめています↓
約1万5000回の施術経験からまとめた問診内容を980円買い切りで2020年に向けて格安ですので、ぜひ↓
患者様の治療効果に伸び悩んでいるあなたへ~絶対に押さえておきたい7つの問診内容~

患者様がなぜ腰痛になったのかを把握することが一番の治療法となります。

腰痛を改善していく実際の流れ↓

簡単に例え話で説明すると、仮に患者様の腰痛の原因が【両親の介護】だったとします。

そんな腰痛に対して、単純に動きのチェックや足の筋肉の柔軟性を診たりするだけで、下半身の筋肉をほぐして腰に対しては軽くマッサージと筋力トレーニングで終了。

これでは治りません。

この方を本当に治すためには、ご両親を施設に預け患者様ご自身は自分の腰痛を治すために専念すべきです。

なぜなら、いくら下半身の筋肉をほぐして、腰に対してマッサージを続けても、日常の介護でのストレスの方が過大だからですよね。

そんな状態で、治療を続けていても浅はかなビブラートが起こるのみか悪化してしまうかのどちらかです。

つまり、良くなってもすぐ戻ったり、もしくは症状がひどいときもあるということですね。

    闇雲に治療せず、しっかりとなぜ腰痛になってしまったのかを把握し適切な治療を行う。

上記を徹底すれば、アプローチ方法はいくらでもありますので、まずはここを徹底的に行うことを心掛けましょう。

つまりそういう意味でも問診は超大事になりますので、問診時に絶対聞いておきたいことを先ほどのnoteにまとめて販売しております。

こんな方にオススメのnote

    ・腰痛を中々改善できない方
    ・腰痛以外の疾患も改善率が上がらない方
    ・痛みがましになってもまた痛くなってくるという方
    ・施術の効果をしっかりと高めたい方
    ・患者さんとのコミュニケーションに困っている方

【問診時に絶対に押さえておきたい7つの問診内容】
問診時に患者様に聞くべきことの全容はnoteに約7,000文字でまとめています↓
約1万5000回の施術経験からまとめた問診内容を980円買い切りで2020年に向けて格安ですので、ぜひ↓
患者様の治療効果に伸び悩んでいるあなたへ~絶対に押さえておきたい7つの問診内容~

腰痛は筋膜へのアプローチが超有効

では、今回のテーマでもある腰痛に筋膜リリースは効果的なのかということですが、結論から言うと超効果的です!

画像診断では、筋肉の硬直や疲労度合いなどは見ることはできません。

損傷や炎症、または出血の有無などはわかりますが、筋膜が固まっていたり、筋肉の柔軟性などはわかりません。

ですので、腰痛の8割は原因不明と言われる中、筋膜リリースで改善できる範囲内はかなり多いです。

つまり、腰痛の原因のひとつとして筋肉の影響、筋膜の影響を受けていることが多いため、腰痛と関連のある固まってしまっている筋膜をほぐすことによって腰痛は改善していけます。

腰痛の関連が深いかどうかのチェック、またはその筋膜がどこなのかを探すのはやはり問診時が大切です。

腰痛の改善率を劇的に高める問診術はこちらです↓

ぜひ取り入れて腰痛を改善してみてください。

どういう部位をほぐせばいいかは、個人で変わります。
より具体的に知りたい方はLINE@やDMにて受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

今回は3つご紹介します。

最後のケアの方法をご覧ください↓

腰痛改善に必要な知識とケアの方法


腰痛改善に必要な知識はこちら↓

  • 腰痛に関する基本的な知識
  • 内臓へのアプローチが出来る知識
  • 筋膜や筋肉に正しく施術が出来る技術
  • しっかりと狙った部位を触れる触診技術
  • 原因となっているところの回復を早めるテクニック

最低でもこの辺りは必要かなと思います。

この内容の一つでも疎かだと、腰痛の改善率は下がりますし、治るのに時間がかかります。

ですので、しっかりとこの辺りの知識は最低限身に付けるようにしましょう。

では実際に腰痛の場合にほぐしておきたいポイントを3つご紹介します。

腰痛時ほぐしておきたいポイント3つ

  • 殿筋群(特に大殿筋と中殿筋
  • 肩甲骨周囲(菱形筋)
  • 腹部・背部(多裂筋・腰方形筋)

主にこの3つは腰痛の原因となっていることが多いので今回ピックアップしました。

まずは殿筋群。

✅殿筋群
殿筋群には3種類の筋肉が存在します↓
・大殿筋
・中殿筋
・小殿筋

・大殿筋(赤)/中殿筋(黄)

臀部のストレッチはこちらをご覧ください↓

この3つのうち主に大殿筋と中殿筋が原因となっていることが多く、腰痛で来られる方の8割以上は固まっています。

そして、実際にこの筋肉と筋膜をリリースしてあげると腰痛が改善していく傾向も高いです。

ここで、考察ですが殿筋はデスクワークや立ち仕事の方が張りやすく、疲れやすいです。

現在、デスクワークにて仕事をされている方はネットの普及により拡大に多くなっています。

その分、デスクワーク時の姿勢や長時間の作業により、この臀部が圧迫を受け続けて血流不足にも陥り固まってしまいます。

ですので、この2つはしっかりとほぐしていくようにしましょう!

ストレッチはイスに座りながらや寝た状態でもできます。

✅広背筋

こちらも長時間のデスクワークや車の運転などで張りやすく、固まってしまうと肩の動きが悪くなり腰への負担も多くなります。

こちらをほぐす方法は2点ありますのでご紹介します。

広背筋のストレッチ

まずは以下の写真をご覧ください。

写真を見て以下の注意点に気を付けながら、実践してみてください。

よくサイトにもこのストレッチは紹介されていますが、よりこの筋肉に効率よくストレッチをかけるためには以下のような点を心掛ける必要があります。

  • 肩を外旋させながら指を遠くへ離していくイメージで行う
  • 背中はあえて丸めた状態で行う
  • 骨盤付近まで付いているので体勢も以下のように行う

筋肉が動く方向とは逆の方向に身体をセッティングする必要があり、その状態で行うことでかなりのストレッチ効果が出ます。

見よう見まねでやるのは、正しくないこともあるのでしっかりと筋肉の走行を理解して意識して行いましょう。

ここを意識できるかできないかで、ストレッチ効果の期待値が変わります。

どのストレッチも伸ばしている筋肉の理解と意識が出来れば、かなり効果が変わるので、すべてのストレッチで意識しましょう。

✅多裂筋・腰方形筋

この2つの筋肉は直接、腰痛にかかわっていることが多いのでしっかりとケアのポイントとして覚えておきましょう。

ストレッチで伸ばすということは、少し難し点にはなりますが、最初に紹介したように臀部と広背筋のストレッチで補える点もありますので、ストレッチでは臀部と広背筋をしっかりと伸ばしておきましょう。


写真のように、テニスボールを準備しましょう!

その後以下の写真のように、腰方形筋、多裂筋のあたりをグリグリとほぐしていきます。

ここをほぐしていくと、腰の重ダルい感覚がスッキリしますのでぜひ実践してみてください!

では本日はこの辺で。

人気記事肩こり解消法【改善率激高な方法】※必見※